【Youtube】動画で稼ぐにはゆっくり実況と自分の声どっち?

Youtubeで稼ぐということが一般的になってきましたね。

稼ぐことを目的に始めるか、面白いものを提供していたら稼げてしまったのかは人それぞれですが、お金を稼ぐということが嫌いな人はいないはずです。

Youtubeで再生数を伸ばしていく動画を作るにはいろんなパターンがありますが、実況と言って動画に声を付けているものの方が多いですね。

実況動画

youtube

映像やテキスト主体での無言動画もたくさんありますが、動画作成者や出演者、またはテキスト読み上げソフトを使って音声がある動画がほとんどですね。

実況動画と言っても、顔出しあるなしで全くパターンが違います。

顔出し動画

顔出しで出演されている場合はほとんどがしゃべりを入れています。というか顔出しで無言だと怖いですよね。

顔出しはリスクもありますが、人気が出やすい面があります。

体当たり企画がほとんどのイメージがありますが、説明動画やゲーム実況でも顔出しされている方もいらっしゃいます。

トップYouTuberのほとんどがこのタイプですね。稼ぐという面では顔出しが一番いいかもしれません。

顔を出さない動画

顔を出さない動画は、映像やテキスト主体ですね。

そこに声だけを吹き込んでいくのか、テキスト読み上げの音声ソフトを使うのかというパターンです。

YouTubeのテキスト動画はうざいが稼げる

生声実況

自分の声で解説していくというのは一番簡単です。マイクがあればできますし、特に編集もいらないので短時間で手間なく作ることができます。リスクも顔出しに比べると格段に低いですしね。

これには適性が必要で、対応力や会話力なんかの臨機応変さが求められます。テンションがただ高いだけではなく、ユーモアを含めてしっかり伝えられるかというのがポイントです。

適性がなくても台本があれば一定のクオリティを保つことはできますが、かなり手間がかかります。

まあユーモアがなくても、専門分野を冷静に解説するというのも需要があるものだと思います。

簡単な分、他の人との差別化というのが重要ですね。

ゆっくり実況

自分の声を使わなくても、打ち込んだテキストを自動で読み上げてくれる音声ソフトもあります。

主にゲーム動画で使われ、ゆっくり実況と言われる動画ですね。

これはソフトをインストールして、動画に合わせてテキストを打ち込んでいくのですがそれなりに手間がかかります。

ただ、ゲームプレイ動画を流すだけでは面白さが半減しますからね。なにかしらの補足やユーモアをプラスしていくのが需要のある動画の条件だと思います。

肉声とゆっくりどっちがいいか

ここまで書いた通り、自分の声とソフトを使うのはそれぞれメリットデメリットがありますね。

そして視聴者側も好き嫌いがあります。ソフトの読み上げ音声が嫌いな人もいますし、テンションだけの動画が嫌いな人もいます。

使用時間や手間は肉声の方が少なく、安定感は音声ソフトといったところでしょうか。

収益はどちらがいいかということはなく、需要のある面白い動画であれば同じぐらい稼げます。

YouTubeとブログサイトアフィリエイトの収益比較

まとめ

需要のある面白い動画を作るには音声が欠かせないと思います。

自分の声を動画に乗せるのが抵抗がある方は音声読み上げソフトがありますので、検討してみることも手段のひとつですね。

音声ソフトは無料ソフトと有料ソフトがあり、有料ソフトは企業が使用する数十万円するものまであります。さすがにそこまでする人は少ないと思いますが、1万円ほどでも購入できますので検討してみてはいかがでしょうか。

YouTubeのテキスト動画はうざいが稼げる
YouTubeとブログサイトアフィリエイトの比較