労働者

タトゥーを入れていると仕事への影響が大きいんですよね。

仕事を始めてからタトゥーで後悔しないために、

「どんな仕事ができるのか」

「仕事中にタトゥーはどうするのか」

「タトゥーがバレたらクビになるのか」

この辺りを考えなければなりません。

しかし、意外にも選択肢はあるもので、知っておけば対処できることも多々あります。

では、経験者の声からタトゥーと仕事について見てみましょう。

タトゥーがあってもできる仕事

タトゥートライバル

タトゥーを入れてもできる仕事は、たくさんありすぎて挙げ切れないくらいです。

むしろ、タトゥーがあるとできない仕事を考えた方がいいかもしれません。

タトゥーがあってできる仕事例
  • 建築業
  • 製造業
  • 運送業
  • 美容師
  • アパレル関連
  • フリーランス
  • 水商売

アルバイト系ならほぼほぼ問題ありませんし、製造業や力仕事なら正社員でもタトゥーが問題になることは少ないです。

夜や水商売なら見えていてもそこまで問題になりませんし、ファッション関連ならタトゥーがいい方に話題となるかもしれません。

逆に、公務員系や大手は厳しいです。

子供たちの模範になるべき教師だとタトゥーは悪い方の対象になってしまいますし、葬儀屋なんかでもなぜか不謹慎なイメージで好まれません。

傾向としては、人と会わない事務系だとそこまで問題ありませんが、接客業になると少し厳しめになってくると考えていいかもしれませんね。

この辺りは、会社の方針や上司の考え方も大きいでしょう。

アルバイトでも茶髪・ピアスOKなら、タトゥーも問題ないことも多いです。接客業でもアパレルならタトゥーOKだったりもしますし、これも仕事探しのひとつの目安かもしれませんね。
茶髪・ピアスOKのアルバイト

タトゥーを就職面接時に聞かれる?

就職時に「タトゥーを入れていますか?」と聞かれることはほぼありません。

なので、服を脱がなければ(透けなければ)バレることはまずないでしょう。

ただ、就業規則に「タトゥー・刺青は禁止」とあれば、後々の解雇に繋がっても何も文句は言えません。

万全を期すなら、自己申告してしまうというのも一手です。

タトゥーの仕事への影響は?

ネクタイ

タトゥーの仕事への影響は、健康診断や着替え時にコソコソしなければならない点です。

普段から透けない色のシャツを着たり、長袖着用という気も使わなければなりません。

タトゥーの範囲にもよるんですけどね。

人目に付きやすい箇所なら、タトゥー隠しシールや包帯が必要になるでしょうし、「とにかく見えないようにする」ことに気を使ってください。

タトゥーが見えさえしなければ、仕事そのものに影響はありません。

タトゥーを隠すシールなんかも技術がかなり進歩しています。
気になる傷あとやタトゥーを隠す!肌かくしーと!!

仕事の健康診断でタトゥーをどうする?

会社の健康診断は様々なパターンがあります。

会社の健康診断
  • 一斉に受ける
  • 指定病院で自分で予約を取る
  • 会社が従業員まとめて予約を取る

一斉に健康診断を受けるパターンだと、半袖シャツで隠せない箇所ならば、タトゥーがバレる可能性は高いです。

この対策としては、タトゥー隠し専門のファンデーションやシールが一般的です。

あまりおすすめできませんが、体調不良を理由に一斉健康診断を欠席して、後日に個別で健康診断を受けるという一手も通用するかもしれません。

ただ、これが毎年となると……、少し怪しいのは否めません。

大手の会社であるほどにタトゥーはバレたくはないものですが、集団行動が多い分、見つかるリスクも高いと考えた方がいいでしょう。

思い切ってタトゥー除去を考えてみるのもいいかもしれませんね。

こちらの池袋サンシャイン美容外科では、タトゥー除去の無料カウンセリングもしてくれるので、タトゥーでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。
刺青・タトゥー除去なら!【池袋サンシャイン美容外科】

タトゥーはバレる?バレたらクビ?

仕事クビ

タトゥーがバレるケースは、健康診断や着替えや旅行時が多いです。

「バレてしまった」「バラされた」だけではなく、自己申告パターンも多いかもしれませんね。

タトゥーもなかなかバレないものでもありますが、いつかはバレると考えておいた方がいいでしょう。

もしタトゥーがバレたら、上司との面談は入るはずです。

タトゥーが会社にバレたら?
  • 取引先への悪印象にならなければ問題なし
  • 何かの機会に辞めてもらう
  • 就業継続はタトゥー除去が条件

タトゥーがバレた場合の会社の対応は様々ですが、概ねはこの辺りのパターンになるでしょう。

印象第一で保守的な会社ほどタトゥーは受け入れてもらえないですが、就業規則に「タトゥー・刺青は禁止」という文言が無いのなら正当な解雇ではなく、不当解雇にも当たるはずです。

かと言って、無理矢理に続けるわけにもいかず、自主退社(実質クビ)になってしまいます。

バレたら最悪はクビになると考えると、接客業やお堅い会社は選ばない方がいいでしょう。

フリーランスならタトゥーも問題無し

ブログを書く

どこかの会社で働くのならタトゥーのリスクは存在し続けます。

ということは、自ら起業するフリーランスなら何の問題も無いということでもありますよね。

経営者は真面目なタイプよりも、ひと癖もふた癖もある人が多いので、タトゥーが入っているぐらいの人も多いです。

タトゥーが入っているから起業してしまえというのはどうかと思いますが、起業する人がタトゥーが入っているというパターンは珍しくありません

起業ってどうやるの?

起業やフリーランスというと少しハードルを感じるかもしれませんが、難しいことはありません。

何かを売って収入を得て、それを拡大していくだけです

それが物なのか知識なのかの違いはありますが、ネットという環境があれば今からでも起業できちゃいます。

物を売るなら仕入れが必要ですが、知識を売るなら元手は必要ありません。あなたの頭の中が元手です。

ブログを書いて収入を得る

好きなことをブログを書くだけで、これはもう立派な副業です。

ブログにアクセスが集まれば、そこに広告を貼るだけで利益が出ちゃいますからね。

元手はサーバー代の月1000円ほどですし、リスクは限りなく低いです。

今の仕事と並行して、とりあえずやってみるのもいいでしょう。

ネット起業って意外にシンプルで、元手がかからないものなんです。

ブログを始める手順
  1. サーバーを借りる
  2. ドメインを取る
  3. WordPressをインストールする
  4. ブログを書く
  5. 広告を貼る

これだけでブログが始められちゃうんですね。

何も難しいことはありません。サーバーを借りれば、ドメイン取得からWordPressインストールまで30分もかかりません。

ブログの内容と選ぶ広告では月に数万円どころか、数十万円、そして数百万円までをも目指せる世界です。

いきなり本業というにはハードルもあるので、まずはぜひ副業としてお試しになってみてください。

タトゥーと仕事まとめ

タトゥーを入れてもできる仕事として、仕事への影響とクビについて考えてみました。

タトゥーを入れてもできる仕事は意外にも多いものです。

ただ、解雇リスクがあるのも否めません。

うまく職種を選んでみてください。

タトゥーがあってできる仕事例
  • 建築業
  • 製造業
  • 運送業
  • 美容師
  • アパレル関連
  • 水商売
  • フリーランス

ネット副業からのフリーランスを目指すのもいいでしょう。

ネットも含めて色々な選択肢を考えてみてください。

茶髪・ピアスOKのアルバイト